訪問看護、居宅介護について

【居宅介護について】

『居宅介護支援って何?』

 人間は誰でも年齢を重ねていくと、身体機能が徐々に低下するとともに、病気にもかかりやすくなります。

 

「杖を使わないと、転びそうになる」

「病気をしてから歩くことができなくなった」

「でかけた先で帰る自宅が分からなくなってしまった」

 

 など、誰にでも起こり得ることです。

 

 居宅介護支援事業所では、誰にでも起こり得る介護の心配なこと、困ったことの相談に応じ、ご本人やご家族に介護サービス利用の提案をしながら、在宅等での生活を支援をしていく事業所です。

 

*相談は無料です。いただいた相談の内容を口外することはありませんので、ご安心下さい。

『どんなことが相談できるの?』

 自宅介護の困ったこと、心配なこと、他にも介護保険の申請や、介護サービス利用について気がかりなことがありましたら、ご相談下さい。

 

(例えば…)

・病気で寝込むことが多くなった。身の回りのことを手伝ってほしい。

・火の消し忘れがあるような気がして、食事を作ることが怖い。

・最近転ぶことが増えたので、自宅に手すりをつけてほしい。

・自宅での生活を続けていくことが難しいので、介護施設への入所を考えたい。

 

など、介護の心配はいろいろあると思いますが、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

TEL:(058)215-1058

1